みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2012/12/29、最終改訂日:2012/12/30

§歩-20:やさしく・トレーニング!

普段、社交ダンスを踊ってる人の中で、
  「太腿を前に出す意識」とか「太腿を後ろに引く意識」とか、
そのような意識を持って踊っている人は、きわめて少ないと思います。

普通に手を振って歩くときは、「太腿を後ろに引く意識」に該当するので、それと同じかどうか?って話ですね。

どっちなんだろう? ということを試すための、簡単なトレーニング方法があります。

両方試してみれば、
 「自分は、どちらの踊りが、普段の踊りに近いか?」
がわかります。


●「軸足の太腿を、前に出す意識」で立った場合

背中に棒を挟んで、「ナチュラルターンの1歩」のシャドウをする。
太腿が、前方に押し出されて、左胸を前に出したい気分になってきます。


これに違和感を感じないなら、普段の踊りも、こちらのタイプ。


【棒-21】
背中に棒を挟んで、「ナチュラルターンの1歩」の車道・・・ん! シャドウを行います。

【棒-22】
右足着地と同時に、右足の太腿を背後から何者かに押して、「右足の太腿が前方に押し出されるような感じ」になるかと思います。

【棒-23】
右足の太腿が前方に押されると、なぜか、左の背中を前に突き出したくなってきます。
これで、右回転(ナチュラル回転)が出来ます。

右の太腿が前に押し出されるとき、背中の棒が「俺様は、太腿より前に居たいのだ!」と、自己主張するのかもしれません。
背中に棒(というより異物)があると、「背中」には「太腿よりも、前に居たい」という意識が働くのかもしれません。

【棒-24】
カラダを左回転させて、左の棒を前に突き出すと、右回転が出来ます。

【まとめ】
背中に挟んだ棒を、ぎゅーーっと引き締めてやると、どんどん、カラダが前に進んでいきます。
太腿が、勢いよく、前に進もうとするためです。(はっきりと、実感できます)

両足を大きく開いたところ【棒-22】からスタートするときは、棒をぎゅーーーーーーっと、強く引き締めて、棒の左側を前方につきだしてやれば、簡単にスタートできます。



ついでに、面白い実験。

「どんぶり」と「割り箸」を持ってきます。
右手に割り箸、左手にどんぶりをもって、足を前後に振ります。
食後の運動にいいかもしれない。

カラダが、すごく、安定します!
左足でも、右足でも、好きな方の足を、前後に大きく振って下さい。


左利きの人は、やらないように!!
左手に割り箸を持って、右手にどんぶりをもって、同じ事をやると、
カラダが前後にブレまくって、とてもじゃないけど、出来たもんじゃありません。

左と右の違いですね。


●「軸足の太腿を、後ろに引く意識」で立った場合


両腕を前に出して、その上に棒を乗せて、「ナチュラルターンの1歩」をシャドウ。
「普通に2本足で歩く」ような感覚になります。

「なにがなんでも、右腕を後ろに下げてはいけない! 右の背中を、どんどん前に出し続けよう!!」という意識が働きます。

これに違和感を感じないなら、普段の踊りも、こちらのタイプ。


【棒-41】
掌(てのひら)を上に向けて、両肘を脇につけて、両手を前方に伸ばします。
「前〜ならえ!」のコンパクトタイプですね。
そして、手の上に棒をのせます。

【棒-42】
両足を揃えたところから、「普通に歩く感覚」で、右足を前に出します。

棒はどうなると思いますか??
右足と一緒に、右手を前に出そうとします。 つまり、棒の右側の方が前に進みます。
右腕・右肩・右腰・右足。。。カラダの右側が一斉に前に出る。 ナンバの動きですね。

まかり間違っても、「左手を前に出そう」という気分には、絶対に、ならないはずです。

【棒-43】
カラダが、右足の上を通過していきます。
棒は、どうなるでしょう? 棒の右側が、そのまま前に進みます。

右回転するはずなのに、
「右手をどんどん、前に出したい! 右手の動きを止めたら、カラダが捻れる!」
という意識が働きます。

【棒-44】
「おぃおぃ、このまま、右手を前に出したら、ぶっ倒れるんじゃないか?」
という心配をよそに、左足が前に出てきたあたりから、左手が右手を追い越します。
無事、右回転をして、着地できます。

【まとめ】

一連の動きでは、一貫して「太腿を後ろに下げよう!」という意識が働きます。
普通の「2足歩行」と同じなので、当然と言えば当然です。

なお、ここでは、両足を揃えたところからスタートしていますが、
両足を大きく開いた【棒-43】からスタートしても、簡単に両足を揃えることができます。



●日本のトッププロの教え方は、どちら?

 日本のトッププロのレクチャーは、書籍や雑誌の講座で紹介されています。
 それをみれば、どちらの「立ち方」を採用しているか、明確にわかるものがあるはず。


このレクチャーは、タンゴのものなので、スウィングダンスとは異なりますが、
トッププロの動きが、「太腿を前に出す意識」なのか「太腿を後ろに引く意識」なのかを識別するには、これで十分だと思われます。


《  背中に「姿勢矯正器」を付けると  》


 社交ダンスには、初心者用の「姿勢矯正器」があります。
あれを背中に付けると、どうなるでしょうか?

アイススケートのように、前に出したい足を、滑らせていけば、軸足の太腿は後ろに下がります。

でも、前に出したい足の太腿を持ち上げたら、軸足側の膝が曲がり、「太腿を前に出す感覚」になります。

初心者用の姿勢矯正器は、肘の位置が「真横」になっているため、足を前に出そうとすると、出したい足を持ち上げて、軸足の膝を曲げて、軸足で地面を蹴っ飛ばすように、せざるを得ないのかもしれません。



前のページ§歩-29:「ショルダー・スウィング」って何者?
このページ§歩-20:やさしく・トレーニング!
次のページ§歩-31:「ナチュラル系回転」の基礎とは何か?
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->