みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2013/02/16、最終改訂日:2013/03/13

§歩-17:「左の肩」を使ったスマートな動き

今回は、「左のボディ(左の肩・左の肩甲骨・左の腰)」を上手に使った、スマートな(賢い)ナチュラルターンの踊り方を紹介します。

当「みらくるダンス実験室」では推奨していない方法なので(一応、それなりの検証はしているつもりですが)、ある程度の認識違いがあるかもしれませんが、ご容赦ください。


このページで紹介するのは
「CBM:1」は「左のボディが起こす転動作である」という考え方に基づく踊り方
です。

CBMとは・・・
 通常回転を始めるために前方又は後方に動く足の方向に、
 
反対側の支え足側のボディが起こす回転動作のことです。
とあります。

従って、この考え方に基づくと、「CBM:1歩目」というのは、「左のボディが起こす回転運動」であれば、左足が「支え足」という扱いになります。 右足が「前方に動く足」という扱いになります。

「CBM:1の支え足」が左足ならば、「フットワーク1.HT」での「支え足」も左足ということになってくるところに、細心の注意を払う必要があります。

 
●「CBM:1」の「支え足」は、左足である。
 「CBM:1」の時、支え足側である「左のボディ」が回転を起こす

 ・・・という考え方



「CBM:1歩目」の支え足は、足形図〔0〕の左足。
「フットワーク:1HT(右足)」における支え足も、足形図〔0〕の左足。
という扱いになります。

ナチュラルターンの1歩目では、「右足でカラダを支えてはいけません」
カラダが右足の上を通過して、右足でカラダを支える(右足が支え足になる)のは、1歩目ではなく2歩目に入ってからですよ・・・・という考え方になります。

当「みらくるダンス実験室」としては、異議ありありなのですが、日本国内においては、これが「チャンピオンクラスを含む上級者の常識であり、理解できない人は、素人だ!」だというような意見が多いようです。


これは、ナチュラルターンを想定した今までの実験において、カラダが右足の上を通過するまでの動きを想定したものです。

【回-41】〜【回-43】
両足を開いたところから、左肩を前に押し出して、右に回転
左足を「支え足」として、右足を前方に伸ばしていきます。
このとき、左腕を伸ばしながら、左肩をどんどん前方に押し出していけば、右足も前に出て行きます。

【回-44】
右足が「これ以上前に出ない」というところまで前に出たら、右足で一気に地面を踏み込みます。

このとき、左腕をどんどん前に出していきます。
(結果的に、両肩を結ぶラインは女性の方を向き、おへそも女性の方向を向きます)
そうすると、左肩がどんどん前に出て行き、左腰は右前方(少し下方向)に進んでいきます。

左のカラダ(左腕・左肩・左腰)を前に出すのと同時に、右足の太股・右足のふくらはぎを前方に押し出して、右膝を深く前方に倒しながら、右足の足の裏全体で、地面を強く踏み込みます。

ここで重要なのは、左肩を速いスピードで前方に押し出していけば、右足で強く地面を踏みこんだとしても、右足には体重が掛からない(右ふくらはぎを前に押し出しながら、右膝を深く倒した場合)。。。。従って、右足の踏み込みが完了するまでは、右足ではなく、左足が「支え足」になるということです。

【回-45】
右足の足の裏全体での「地面を踏み込み」が完了すると、体重が、一気に左足から右足に移り、左足が右足の横に寄ってきます。

左足が右足の上に寄ってきたとき、「1歩目」は終わり「2歩目」に入る・・・・という解釈。
左足が動くことによって、ますます、左肩・左腰は前方に出ようとします。

「両肘は真横に張っておく」意識で、一連の動きをやれば、カラダ全体が右に回転します。


一連の「左肩を前に出す」動きは、カラダの右回転により、「左肩が左へ進む動き」に変わります。
この左肩の動きと、「両肘を横に張ったときのスウェイの動き」を併用すれば、スマートなナチュラルターンのライズ(2歩目〜3歩目)につなげることができます。

スウェイの【傾-42】では、左肩が右(内側)に動いて、右足の真上に乗り込もうとするのですが、
これに、一連の「左肩が左へ進む動き」が加わりますので、カラダ全体は、スムーズに左横へ進んでいきます。


知らない人には教えない! 知っている人は教えなくても知っている!?

この踊り方(この考え方)を解くカギは、【回-44】における、「右足の足の裏全体で、地面を踏み込む」時のテクニックにあります。

「CBB;1歩目」の支え足は「左足」  右足で地面を踏むところまで、「左足が支え足であり続ける」ということへの配慮です。


詳しい説明は省略しますが、おそらく、こんな具合になるハズです。
 





 
どうして、そうなるのか? 簡単な実験で検証しましょう。


準備中






準備中





すぐに踵が浮き上がるのが難点

 
  そこで・・・・

準備中








 







《  常  》


社。



前のページ§歩-16:「スウェイ」が変われば、CBMも変わる
このページ§歩-17:「左の肩」を使ったスマートな動き
次のページ§歩-18:「左手の棒の回転」で、カラダを動かす
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->