みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2013/02/16、最終改訂日:2013/03/11

§歩-13:背中を使って、カラダを動かす

さてさて・・・・。 いよいよ、このページで、問題の答え(2種類)の違いが、明確になってきます。
下記の問題で「CBM:1歩目」の答えを求めると、2つの答えが出てくることを、述べました。



ナチュラルスピンターン男性のCBMは、「1、4、5歩目」と書いてあります。
では、下の図(本に書かれている図)を使って

CBMの1歩目、4歩目、5歩目における「支え足」を、塗りつぶしてください!
(今回は、1歩目だけに限定します)

青:左足赤:右足で表記




回答例〔A〕 CBM:1の支え足は、足形図〔1〕の右足が支え足である。
回答例〔B〕 CBM:1の支え足は、足形図〔0〕の左足が支え足である。

CBMとは
・・・(ボールルームダンステクニックより)
 ボディアクションのことです。
 
通常回転を始めるために前方又は後方に動く足の方向に、
 
反対側の支え足側のボディが起こす回転動作のことです。


前回の実験は
正面(壁の方向)を向いて、両足を肩幅に開いて立ったところからスタート。。
そこから、リズミカルに、カラダを左右に回転させる動作を、繰り返す。
というものでした。

結果として、カラダを左右に回転させる・・・という、単純な動きにおいても
前足側の背中が回転動作を起こす動き」と、「後ろ足側の背中が回転動作を起こす動き」の2種類の動きがあることが、わかりました。

今回の実験は、その先です。

正面(壁の方向)を向いて、両足を肩幅に開いて立ちます。
カラダが右を向けます。 右を向くと、右足が前・左足が後ろになってるはずです。
そこから、後方にある左足を、「背中の力」を使って、どんどん前に出していきます。
左足をどんどん前に出していけば、カラダが前方に進んでいきます。

どうなるか? 考えるだけ時間の無駄。 さっそく、やってみましょう。

前回と同様に、3つのパターンを試して、動きの違いを調べます。



●手首を「回転」させると、カラダ全体が回転する!
   →「前足側の背中」が、回転動作を起こす。
   →両腕の手首を外側に曲げると、後ろ足とカラダが、どんどん前に進んでいく 
 

カラダを左右に回転させるために、左右の手首を強く回転させます。
手首を回転させると、太股が回転する。
難しい言葉で言えば、「手首を回転させると、太股に内旋力・外旋力がかかる」

このとき、「前足側の背中」が回転動作を起こします。
カラダを右に回転させた時には、右足が前になりますから、結果的に
  「右足側(前足側)の背中が、回転動作を起こす
ことになります。

で、ここから、後方にある「左足」を、前方に「引っ張り出して」いきます。


左足を持ち上げて、左足の力で左足を動かすのは簡単です。
でも、そんなことはやらない。

左足が動かないように、左足を地面に貼り付けるようにしておいて、手首の力を使って、左足を前方に引っ張り出していきます。 そうすると、カラダ全体が動きます。

実際の手順は、こんな感じ。

【回-10】→【回-12】
両足を肩幅に開いて立ち、左手首(および右手首)を、おもいっきり右(ねじを締める方向)に回転させます。 そうすると、カラダは右を向きます。

【回-12】→【回-13】→【回-15】
左手首を外側に向けます。 そうすると、左の掌(てのひら)は下を向きます。

左の掌(てのひら)の付け根、左手首で地面を押さえこんで、カラダを持ち上げるようなイメージで、
どんどん左手首を曲げていけば、左足が前方に動き出します。
(両足の太股と股関節との間に、外旋力・内旋力が働くためです)

【回-15】→【回-16】

左手首に加えて、右手首も、おもいっきり外側に曲げてやります。

両足の太股と股関節との間に、外旋力・内旋力が最大になります。
左足はまっすぐ進み、支え足になっている右足は、外側に回転します。 結果として、カラダは右に回転します。

右足側(支え足側)の背中が、回転動作を起こし、回転動作が継続します。
それと同時に、右足側(支え足側)の背中は、カラダを前方に進める働きします。




●腰を捻って(ねじって)、(背中を使わずに)カラダを回転させる

   →「背中」は回転動作を起こさない。 腰を動かせば上半身が連動する
   →背中を使っていないので、左足を動かそうとすると、バランスが崩れてしまう。 


これは、腰を使って、カラダを回転させた場合です。
上半身は、腰の上に「鎮座」している状態です、

腰を右に回転させれば、上半身は腰といっしょに、右に回転するはずです。

 
  【回-20】→【回-22】
実際に、両足を開いたところから、腰を使って回転すると、「骨盤に根っこが生えて、前にも後ろにも、動けない状態」になる。 「腰が、どっしり鎮座している状態」と言った方が、わかりやすいかも。
「重心を低くして、どっしりと構える」と言えば、聞こえがよいのですが、ともかく動きにくい姿勢です。

【回-22】→【回-23】
この状態から、左足を動かすには、どうすればといか?
「頭から倒れ込むようにして進む」か、「お腹を突き出して進む」か、「爪先歩きをする」か・・・

いちばん、わかりやすい方法は・・・
「静止している状態から、動きだすということは、バランスを崩すことである! これが物理の常識なのだ!」と言いながら、頭を前に倒して、左肩を前に突き出して、左足を前方に蹴り上げる。

確かに、これで動けますが・・・・ 背中を使わない、力任せの「超!荒っぽい動き」になります。

「相撲の横綱にも勝る、荒々しさ・たくましさ」と「他のカップルをなぎ倒す、抜群の破壊力!」
競技会などでは、力強い動きとして高く評価される傾向にあるようですが、当「みらくるダンス実験室」では、背中を使わない力任せの動きは「邪道」として扱います。




●肩を前に押し出して、肩を回転させてから、前方にある足で地面を踏み込む

    →「後ろ足側の肩と背中」が、回転動作を起こす。
    →「後ろ足側の肩と背中」が、回転動作を継続させる。
     「後ろから背中を押す」動き。
 
 

カラダを右に回転させる際、最初に肩を回転させてから、前足(右に回転させるときには右足)で地面を踏みつけて、カラダを右足の上に乗り込ませる方法です。

この方法で、カラダを右に回転させて、その後左足を前に出していくときの動きは、どういう動きになるのか? 検証してみましょう。


【回-30】→【回-31】→【回-32】
カラダを右に回転させるために、まず「左の肩」を前方に押し出して、肩からカラダを捻る。
回転すると、右足が前足・左足が後ろ足になる。
前足(右足)で、地面を踏み込む。 右足が「支え足」になり、左足から体重が抜ける。
回転した後も、「左肩を前方に押し出す力」を持続させる。

【回-32】→【回-34】

「左肩を前方に押し出す力」を持続させたまま、左足を右足の真横に揃える。
右足(支え足)の足首を深く曲げて上半身が沈み込むような形にすると、自然な形で、左足は、右足の真横に寄ってきて、2本の足が真横に並ぶ。

【回-34】→【回-36】
「左肩を前方に押し出す力」を持続させたまま、右足(支え足)の足首を伸ばして、カラダを持ち上げる。
そうすると、左足は右(前方)に回転しながら、前方に進んでいく。 両足は「内股」になる。
カラダ全体が回転するので、実質的に、左足は「真横に開いている」ような動きになる。

左足側(動く足側)の背中が、回転動作を起こし、回転動作が継続します。
それと同時に、左足側(動く側)の背中は、カラダを前方に進める働きします。


《  カラダが、右足の上を通過するとき  》


ナチュラルターンでは、カラダが右足の上を通過あたりから、本格的な回転動作(ナチュラル回転/右回転)が始まります。

このとき(カラダが右足の上を通過する時)に、
  「右の背中が回転を起こす」のか?
それとも
  「左の背中が回転を起こす」のか?
この違いはとても重要になります。

カラダが右足の上を通過する際、右足が「支え足」になります。

CBM(contrary body movement)は、「支え足側のボディが起こす回転運動」になりますから、支え足が右足ならば、「右のボディが起こす回転運動」がCBMということになりそうです。


じゃぁ、日本の社交ダンス界で「上級者の常識」とされている動き、
「左のボディが起こす回転運動」(肩から回転させた場合)によって、ナチュラルターンをするときの動きは、CBMじゃないのか? って話になってきます。
「カラダが右足の上を通過する際は支え足は、右足ではなく左足である」という定義を作る必要があります。

一番簡単なのは、「CBM:1」と書いてある場合、数字をマイナス1して、「足形図〔0〕の足を支え足と呼び、その足が地面から離れた後でも、支え足と呼び続ける」というルール付けです。

日本国内においては、こういう解釈が「暗黙の了解」とされている。
だけど、ホームページや雑誌のレクチャーなどでは、これを明文化しているサイトは皆無に近い。

日本国内の「暗黙の了解」に対て、はっきりと異論を書いているのは、当「みらくるダンス実験室」くらいです。



前のページ§歩-12:社交ダンスは[手首]で回転?[腰]で回転?
このページ§歩-13:背中を使って、カラダを動かす
次のページ§歩-14:背中を使ったバリエーション
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->