みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2013/03/11、最終改訂日:2013/03/11

§歩-16:「スウェイ」が変われば、CBMも変わる

ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)には、スウェイ(sway)というのが存在する。
ちなみに、ナチュラルスピンターン(男性)のスウェイは、「直・右・右・直・直・直」である。

ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)で、カラダが右足の上を通過した後に掛かる「スウェイ」は、「右スウェイ」になる。

スウェイ(sway)というのは、「カラダの傾き」であろうことは、誰でも容易に想像がつく。

ところが、スウェイの時のカラダの動き(肩&肩甲骨の動きと、腰・骨盤の動き)が、2種類ある「初心者のホールドの作り方」によって、まったく正反対の方向に動く・・・・ということは、ほとんど知られていないと思われます。


「CBM(Contrary Body Movement)」と「スウェイ sway」には、直接の関連はありません。

しかしながら、ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)においては、CBMによる「支え足側のボディが回転を起こした」後に、「右スウェイ」が掛かります

つまり、
 CBMによる左右のカラダ(肩・肩甲骨)の動き(左右どちらに動くか)
が、その後の
 右スウェイによるカラダ(肩・肩甲骨)の動き(左右どちらに動くか)に
に、繋がってきます。

従って、ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)においては、CBMとスウェイの関係は、非常に密接な関係になってきます。

「CBM:1」の際の「支え足」は、左か右か? その答えが2通りあるならば、スウェイも2通りあります。
冗談のような話ですが・・・・・どう考えても、2通りあります。

スウェイは、本当に2つあるのか??? 検証してみましょう。

−*−



●両肘を「斜め前」に伸ばすホールドでの「右スウェイ」

 →右スウェイを掛けると、肩と肩甲骨は「左」に動く
 →CBMの回答例〔A〕から、この右スウェイの動きに継続される。
  「CBM:1」の支え足は、足形図〔1〕の右足であり、右のカラダが回転を起こす


ホールドの時、両肘を「斜め前」に伸ばします。
そして、【傾-31】のように、カラダ全体を、右に傾けます


【傾-31】
両肘を斜め前に伸ばして、カラダを右に傾けると、カラダは無意識に垂直バランスを取ろうとします。
結果的に、肩甲骨と肩が「左」に動こうとします。
骨盤と腰は、「動きたくない!」という意思を示し、「右」に動こうとします。

【傾-32】〜【傾-33】
骨盤は「右」に動こうとしているので、左足をどんどん左方向に伸ばしていくことが出来ます。
左足の爪先をどんどん左に伸ばしていっても、体重は左足には乗りません。
体重は、左右両足に配分され、重心(重心感覚)は、両足の中間一位置にキープされます。

【傾-33】〜【傾-34】
カラダを右に傾ければ傾けるほど、つまり、右スウェイを強く掛ければ強く掛けるほど、左足を大きく開くことが出来ます。
左足を大きく開いてしまったら、足を閉じることが出来ないんじゃないか? そう思われるかもしれませんが心配ご無用。

両肘を斜め前に伸ばしたままで、両手の手首を右に回転させてやれば、右足は左足に寄ってきます。 スウェイを強くして、右足に体重を残しておけば残しておくほど、右足は左足に寄せやすくなります。
直感的には、右足を浮かせたくなりますが、右足に体重を残し、左足に体重を掛けない方が、両足が綺麗に揃います。

右足に体重を残しておいた方が、肩・肩甲骨が左に動く力が強くなるので、結果的に右足を動かしやすくなります。 逆に、右足を浮かせると、肩・肩甲骨が左に動かなくなるので、右足が動かなくなります。


 
これは、「右足を支え足としたときに、右のボディが回転動作を起こす」例です。

カラダが右足の上を通過する前後(【回-13】〜【回-15】)において、右の背中をどんどん前に出していきます。 そうすると、カラダは、右に回転します。

そこから、スウェイの動きに継続させます。
右の背中が回転を継続させながら、カラダ全体を前に押し出すような動きを続けます。

それと平行して、スウェイの動き(左の肩・肩甲骨が左方向へ進む動き)が加わります。
骨盤は、左方向へ動きませんので、左足をどんどん遠くへ伸ばしていくことが出来るようになります。

もしも、このスウェイの動きの前段階が「左の背中を前に出すCBMの動き」であったならば、このようなスウェイを掛けることは物理的に不可能になります。
このスウェイの動きをするためには、前段階が「右の背中を前に出すCBMの動き」にする必要があります。


これに対して・・・・


●両肘を「斜め前」に伸ばすホールドでのスウェイ

 →右スウェイを掛けると、肩と肩甲骨は「右」に動く
 →CBMの回答例〔B〕から、この右スウェイの動きに継続される。
  「CBM:1」の支え足は、足形図〔0〕の左足であり、左のカラダが回転を起こす



こちらは、日本における「標準的なホールド」です。
日本の常識的なホールドだと言えます。 肘は真横に伸ばします。

この姿勢から、【傾-41】のように、カラダを右に傾けると、背中は左右どちらに動くでしょうか?


【傾-41】
肘を真横に張って、カラダを傾けようとすると、骨盤、肩&肩甲骨は逆方向に動きます。
骨盤と腰は外側へ動こうとしますし、肩と肩甲骨は内側に動こうとします。
カラダを右に傾けた場合、骨盤と腰は左へ動き、肩と肩甲骨は右へ動きます。

【傾-42】
肘を真横に張った場合、片足の上にすべての体重が乗り込もうとします。
従って、いったん、差さえ足である「右足」に体重を乗せた状態で、左足を持ち上げることになります。
これをやらずに、徐々に左足を伸ばしていこうとすると、頭が左に動いて、カラダが左に倒れてしまい、思うように左足を伸ばすことができません。

【傾-43】
左足を遠くへ伸ばすには、いったん右足にすべての体重を掛けた後で、右足を使ってカラダを左方向へ送り出す(いわゆる送り足)アクションを掛けます。
実際には、右足の足首と膝を伸ばすことで、骨盤を「左斜め上」に動かします。

骨盤が「左斜め上」に動くのと同時に、肩・肩甲骨を「右斜め下」に動かすようにすると、左足の上に倒れ込むことはありません。
体重は左足の方へ移っていくのですが、カラダが傾いているために、急激に体重が左足に移る動きは、避けることが出来ます。

【傾-44】
左足に右足を寄せる動きは、スウェイを緩めることで、行うことができます。
頭(ネック)は、右足よりも右側にある状態から、肩・肩甲骨の力を抜いていけば、右足は左足に寄る方向に動いていきます。




両肘を真横に張った場合、誰がどのようにホールドしても、上のようなスウェイになります。

ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)の場合に、スウェイを掛けようとすると、どうしても、支え足(右足)の真上で動きが止まってしまいます。

そこで、「左肩が前に出る動き」=「CBMによる左肩で回転を起こす動き」を継続させることにより、右足上での右回転の直後に、「CBMによる左肩・左肩甲骨が左方向にへ動く」+「スウェイによる左肩・左肩甲骨が右方向に動く」で、左肩・左肩甲骨の動きを「プラスマイナス」させてやることにより、カラダの動きを止めずに、CBMのアクションからスウェイのアクションへと移行させることができます。

もしも、このスウェイの動きの前段階が「右の背中を前に出すCBMの動き」であったならば、このようなスウェイを掛けることは物理的に不可能になります。
このスウェイの動きをするためには、前段階が「左の背中を前に出すCBMの動き」にする必要があります。



・・・ということで、スウェイの動きも、2種類あり、両者は全く正反対な動きになります。


ナチュラルスピンターン(ナチュラルターン)においては、
両肘を「斜め前」に伸ばしたときのスウェイの前段には、「右のボディがアクションを起こすCBMの動き」が要求されます。

両肘を「真横」に伸ばしたときのスウェイの前段には、「左のボディがアクションを起こすCBMの動き」が要求されます。

肘の位置が決まれば、CBMが決まり、「スウェイのカラダの動き」が決まる。
「スウェイのカラダの動き」がが決まれば、CBMが決まり、肘の位置が決まる。

先生がどちらを教えて、生徒がどちらを習うか・・・すべて、先生次第です。
いうまでもなく、日本国内は、圧倒的に後者(肘を真横)のスウェイの掛け方が、支持されているようです。


●他のスポーツでのスウェイは、どうなっているのか?

「カラダを傾ける動き」として、真っ先に思い浮かべるのは、コーナーリングです。

たとえば、バイクで、カーブを曲がるときには、遠心力が掛かりますから、、〔バイクとカラダ〕を内側に傾けます。
じゃぁ、このとき、バイクは、どういう傾け方をするのか?

バイクをめいっぱい内側に傾けて、カラダは垂直に近い方向に起こします。
バイクに乗っているライダーは、骨盤を最大限「内側」に倒して、上半身を外側(垂直方向)に起こします。

日本の社交ダンスにおける、「スウェイ」の考え方(スウェイの常識)は、骨盤を外側に押し出して、上半身を内側に倒します。
「バイクや陸上トラック競技の傾き」と「日本の社交ダンス」とでは、スウェイの掛け方が正反対になっている・・・ということを意味します。

他のスポーツ選手が、日本の社交ダンスのスウェイを習うと、「強い違和感」を感じるかもしれない。


《  ひこうき・ぶんぶん  》


 社交ダンスをやっていて、「スウェイ」の説明を受けると、出てくるのが、
「ひこうき・ぶんぶん」の法則。

この法則、おもしろい。

人間が、飛行機をイメージする。
両手を真横に広げて、飛行機の「翼」をイメージする。

両手を真横に伸ばして、「ぶ〜ん!」といいながら、2本の足で走る!!

翼を傾けて、「右旋回」「左旋回」を繰り返しながら、2本の足で走る!!

「右旋回」は、骨盤を左側(外側)へ突き出して、カラダを右に傾ける動き。
「左旋回」は、骨盤を右側(外側)へ突き出して、カラダを左に傾ける動き。

両手を広げて「ぶんぶんぶん」と言いながら、骨盤を左右に振利ながら、走っていると、カラダが飛行機の翼のように、左右に旋回する。



前のページ§歩-15:「初心者の頃のホールド」を振り返る
このページ§歩-16:「スウェイ」が変われば、CBMも変わる
次のページ§歩-17:「左の肩」を使ったスマートな動き
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->