みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2013/02/16、最終改訂日:2013/03/11

§歩-14:背中を使ったバリエーション

さて、さて、さて.....

前回は、両足を開いて立ち、カラダを右に回転させてから、左足を前に出して、カラダを前進。
右足の上をカラダを通過させて、右へのターン(ナチュラルターンを想定)の比較実験を行いました。

このとき、「右の背中が回転を起こす」場合と、「左の背中が回転を起こす場合」とでは、カラダ内部の動きが全く異なっていることを説明しました。 (外見上は、違いはわかりづらいのですが。。。)


今回は、右への回転(ターン)だけではなく、
右もしくは左の背中で回転動作を起こしながら、カラダを右足(支え足)の上を通過させる動き
について、4つの動きのパターンを、やってみたいと思います。

【回-1A】
【回-3A】
 
 カラダが右足(支え足)の上を通過する時点から、カラダを右へ回転(ターン)させながら、両足を開くパターン。
  →ワルツの「ナチュラルターン」を想定
【回-1B】
【回-3B】
 カラダが右足(支え足)の上を通過した後も、ぎりぎりまで右足(支え足)の踵を地面につけたまま、左足(動く足)をまっすぐに前方に進めるパターン。
  →「女性をヒールターンさせるときの男性の動き全般」を想定
【回-1C】
【回-3C】
カラダが右足(支え足)の上を通過する時点から、カラダを左サイドリードで、左前方へ進むパターン。
  →スローフォックストロットの「フェザーステップ」を想定
【回-1D】
【回-3D】
カラダが右足(支え足)の上を通過後も、ぎりぎりまで右(支え足)の踵を地面につけたまま、できるだけ腰を回転させずに、胸から上を左に鋭く回転するパターン。
  →タンゴのウォークの変形・リバースピボットにつなぐ動きを想定

この4つのパターンの動きにおいて、
  【回-1A】〜【回-1D】右(支え足側)の背中で回転動作を起こす場合

  【回-3A】〜【回-3D】左(動く足側)の背中で回転動作を起こす場合
で、どのように変化してくるか、検証してみたいと思います。


 
●手首を「回転」させると、カラダ全体が回転する!

   →「前足側の背中」が、回転動作を起こす。
   →両腕の手首を外側に曲げると、後ろ足とカラダが、どんどん前に進んでいく
 

ねじを締めるように、あるいは水道の蛇口を閉めるようにして、手首を回転させれば、カラダ全体が左右に回転する。


手首を右に回転させて、カラダを右に回転させる。
「右(支え足側)の背中」が回転を起こす。
左手首を、外側に曲げてやると、左足が前に出てくる。 そしてカラダが前方に動く。


両手首の回転と、両手首の外側へ曲げる具合によって、カラダの動きを4つのパターンに変化させることが出来ます。
 余談ですが・・・・

肘を下に降ろした時には、左手首を強く回転させたり、強く外側へ曲げる必要があります。

しかしながら、左肘を持ち上げて肩よりも少し低い位置に固定し、左肘を横よりも少し前に置いたときには、わずかな左手首の変化(回転せたり、外側に曲げたり)で、カラダ全体を動かすことができるようになります。
左手首の変化を最小にして、カラダの動きを最大に出来るのは、社交ダンス(スタンダード種目)での男性のホールドに近い位置になります。



 
●腰を捻って(ねじって)、カラダを回転させる
   →「背中」は回転動作を起こさない。 腰を動かせば上半身が連動する
   →背中を使っていないので、左足を動かそうとすると、バランスが崩れてしまう。
 

腰を回転させれば、上半身が回転します。 腰の上に上半身が乗っかっているからです。


頭を前に倒して、骨盤を前後左右に動かして、動かしたい足の太股を持ち上げるようにすれば、
カラダ全体を動かすことができます。
この方法でも、4つのパターンの動きは、十分に可能です。

実際、大きくカラダを移動させたいときには、腰と骨盤を、激しく前後左右に移動させれば、かなり大きな動き(踊り)をすることが出来ます。、
ただ、この力任せな方法はになって、テクニック的に、全くおもしろくないので、説明は省略します。




●肩を前に押し出して、肩を回転させてから、前方にある足で地面を踏み込む
    →「後ろ足側の肩と背中」が、回転動作を起こす。
    →「後ろ足側の肩と背中」が、回転動作を継続させる。
     「後ろから背中を押す」動き。
 
 

まず、肩を左右に動かします。 実際の動きは「肩を前に押し出す」感じになります、。
そのあと、前足になった方の足で、地面を踏み込みます。


カラダを右に回転させる場合には、「左肩を前に押し出す動き」によって、肩を回転させます。
「左肩を前に押し出す動き」を、ずっと持続させます。

「左肩を前に出す動き」は、「左(動く足側)の背中で、回転を起こす」動きになります。

右足(支え足)の足首を曲げて、地面を踏み込むと、上半身が沈み込み、自然に左足が右足の真横に寄ってきます。


両足を揃えたところから、曲げていた右足(支え足)の足首を伸ばしてやれば、左足は前方へ動いていきます。 4つのパターンのすべての方向に左足を出していくことが、簡単に出来ます。
 
この方法で、前方へ進んでいく左足(動く足)の方向を決めるには、どうしたらよいか?

骨盤の向きを変えることによって、「へその向きを調整します」 これだけでOKです。
へそを右に回転すれば【回-3A】のようなナチュラルターンになりますし、へそを少し左に向ければ【回-3C】のようなフェザーステップの動きになります。

だし、この動きには、一つ問題があります。

両足を揃えるときに右足(支え足)の足首を曲げ、そのあと、右足(支え足)の足首を伸ばしてカラダを持ち上げることによって、左足(動く足)を前に出していく
・・・・ということは、カラダが右足(支え足)の上を通過直後に、右足(支え足)の踵が地面から離れてしまいます。 あるいは、「右足(支え足)の踵を、地面から離そう」という動きになってしまいます。

でも、別のページで紹介する、「左の肩を上手に使うためのテクニック」を使えば、下のように大きく進むことが出来るようになります。


これについては、別のページで紹介します。


このように、どちらの方法をとっても、踊ることは可能です。

明らかに、社交ダンス(スタンダード種目)には、2種類の基礎が存在する
・・・・ということになります。


《  いろいろな研究の積み重ね  》


紹介した
 【回-1A】〜【回-1D】右(支え足側)の背中で回転動作を起こす場合

 【回-3A】〜【回-3D】左(動く足側)の背中で回転動作を起こす場合
との違い、如何でしょうか?

「自分は、こっちの方法で踊るんだ!」と決めたら、それを基礎として、
基礎の上に、いろんなテクニックを積み重ねていくことになります。

両者ともに、根本的な基礎は異なってますから、積み重ねていくテクニックは「似ても似つかないもの」になっていきます。

両者ともに、「自分の基礎が正しい」として、切磋琢磨しながら、「どちらが、より綺麗に、よりダイナミックに、よりなめらかに踊れるか」
そういうのを競い合う姿こそが、競技会系社交ダンスの理想の姿だろうと思います。


同じ基礎の上に成り立っているカップル同士であれば、切磋琢磨して必死にテクニックを磨いた方のカップルが勝つことになるでしょう。

でも、根本的に「異なる基礎」で踊るカップルがいたとしたら、どうなりますか?
どっちの基礎の方が、将来性があるか? この先、伸びる要素があるか?
そういうのが勝負の基準になってくるように思います。




前のページ§歩-13:背中を使って、カラダを動かす
このページ§歩-14:背中を使ったバリエーション
次のページ§歩-15:「初心者の頃のホールド」を振り返る
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->