みらくる・らぼ

〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§歩〕
ナチュラルターンの
   1歩目とは?
 ~CBMは右?左?
メニューページ(開始)
ナチュラルターンの
  最初の1歩
CBMでの「支え足」
 は、右足?左足?
社交ダンスは[手首]で
 回転?[腰]で回転?
背中を使って、
 カラダを動かす
背中を使った
 バリエーション
「初心者の頃の
 ホールド」を振り返る
「スウェイ」が変わ
れば、CBMも変わる
「左の肩」を使った
スマートな動き
「左手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
「右手の棒の回転」
 で、カラダを動かす
(小休止)超上級者向け
の超難しい「頭の体操」
「レッグスウィング」
 ~足の上に立つ!
「フェザーステップ」
 のカウントの区切り
「支え足」と
 「動く足」
「前進ウォーク」と
 「フットワーク」
「前進ウォーク」
 からの変形
「前進ウォーク」
 からの継続
「もも上げスタイル」
 の美学
カラダを前に進める
 ~もしかしてCBM?
「ショルダー・スウィ
 ング」って何者?
やさしく
 ・トレーニング!
「ナチュラル系回転」
 の基礎とは何か?
迷探偵! 見えない
 動きを推測するぞ!
まとめ~原点は
 「みるく・ごっく~り」
メニューページに戻る
-
ナチュラルターンの1歩目とは? ~CBMは右?左? 作成日:2012/12/30、最終改訂日:2012/12/30

§歩-99:まとめ〜原点は「みるく・ごっく〜り」の法則


このセクションでは、
「軸足の太腿を、前に出す意識」「軸足の太腿を、後ろに引く意識」
との違いを、詳しく取り上げてきました。

一般論として、社交ダンスを踊る際、重要視されている項目として、

・正しいスタンス(stance)として、ポスチャー(posture/姿勢)・ポイズ(poise)
・筋肉の使い方とて、背中・肩甲骨周りの筋肉群、大腰筋など骨盤周りの筋肉群
・カラダの重心位置、遠心力・求心力、垂直を保つ意識(平衡感覚)


などがあります。
これらは、DVD(ビデオ)や、レクチャー本などでも、幅広く取り上げられています。


ここで注意すべきなのは・・・・というと、

太腿を出しても引いても、外見上のポスチャー・ポイズは、同じになります。
また、太腿を出しても、引いても、カラダの物理的な重心位置は同じですし、遠心力・求心力は、同様にかかります。
さらに、太腿を出しても引いても、使う筋肉は同じです。 全く同じ筋肉を使います。

「軸足の太腿を、前に出す意識」と「軸足の太腿を、後ろに引く意識」での違いは、全く同じ筋肉を使っているけれど、その筋肉の使い方は根底から違っている。。。。という点です。

なので、太腿への意識は、なによりも非常に重要になってきます。

−*−

ここで、当「みらくるダンス実験室」の原点とも言える、「みるく・ごっく〜り」の法則を紹介します。


「みるく・ごっく〜り」とは何か?

腰に手を当てて、瓶の牛乳を、ゴクリ、ゴクリと飲み干すときのポーズです。

銭湯での、風呂上がりに一杯! 牛乳なのか、コーヒー牛乳なのか、わかりませんが...
ゴクリゴクリと飲んでいるうちに、牛乳瓶を持ち上げて、顔が上を向きます・

この「みるく・ごっく〜り」のポーズを取ったとき、背中の筋肉はどう変化するか??

左手で牛乳を飲んだときは、「両足の太腿を、後ろに引いた姿勢」になります。
右手で牛乳を飲んだときは、「両足の太腿を、前に押し出した姿勢」になります。

人間のカラダは、左右対称に出来ておらず、左右の手の使い方で、太腿の動きは、正反対の方向に動こうとします。 「バランスの取り方が2つある」ということです。


机の上ある牛乳瓶を持ち上げ、上を向いて牛乳を飲み干し、空の牛乳瓶を別の机に置く。
このときの腕の動きによって、背中や太腿、膝・足首、つまりカラダ全体を動かすことができます。

腕を動かせば、カラダ全体が動く。。。。これが「ダンス」だろうと、わたしは思います。
で、そのカラダの動き方が、太腿の意識によって、大きく変わる。。。

そういうことです。

こういうことを書くと、「右利きの日本人で、左手で牛乳瓶を持つ人はいないだろう!」という反応が予想されます。 確かにそうです。 日本人でも西洋人でも同じでしょう。

でも、西洋人は、左手でフォークを持ち(右手はナイフ)、左手を口元まで運んでます。
「左手でフォークを持つ西洋人(イギリス人を含む)の左手の動きは、牛乳瓶を左手で持ったときの動きと、似ている」点に着目する必要がありそうです。


−*−

このセクションでは、「ナチュラルターンの1歩」だけを、取り上げてきました。
たった1歩だけでも、「軸足の太腿を、前に出す意識」「軸足の太腿を、後ろに引く意識」
との違いがあることは、明確です。

社交ダンス全体でいえば、ほとんどすべてにおいて、大きな違いが、存在します。

・・・・どちらを習って、どちらで踊るか?
「自己責任」において、自分が正しいと思う方を選べばいい・・・・ということになります。

太腿を引くのか、出すのか、どちらの先生に習えば良いのか、それは一人一人が決めることだと思います。
ダンスを通じて、カラダの動きに関する、広範囲の知識を深めていきたいのであれば、「両方の動きの違いを知ってる先生」に習ったほうが良さそうですね。


《  右利きと左利き  》


人間には、「右利き」の人と「左利き」の人がいます。
この違いは、いつ、どういう形で、決定付けられるのでしょうか?

生まれた時から決まっているのでしょうか?
それとも、2本足で歩き出した時に決まるのでしょうか?

もしかしたら、2本足で立って歩き始める時の、太腿の動きによって、右利き・左利きが、決定されるのかもしれません。

左利きにさせたくなければ、太腿を前に出して、坂道を踏みしめるように歩かせろ! みたいな・・・・ もっとも、そんな説は、聞いたことがありませんが、あり得ない話じゃないような気がします。



前のページ§歩-32:迷探偵! 見えない動きを推測するぞ!
このページ§歩-99:まとめ~原点は「みるく・ごっく~り」
次のページ§歩 == ( メニューページに戻る )
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->