みらくる・らぼ

〔§み〕
みるく・ごっく~り
 ~左重心での社交ダンス
メニューページ(開始)
「左の手首」と
 「不思議な動き」
基礎が変わる と
 ホールドが変わる
「肘の内側」と
 「手首」の関係
前腕の捻れ
(肘と手首を逆回転)
(参考)前腕を
 捻らないホールド
足の裏の五角形
 (左重心で立つ)
足首が伸びない!
 曲がらない!
「マック式ドリル」
 への挑戦
メトロノーム型
スウィング(逆振り子)
レッグ・スウィング
 (足の振り子運動)
シャッセ(横への移動)
 における可逆性
「左重心」の不思議
 な動き(part2)
「左重心」と
 「みるく・ごっく~り」
「骨盤パワー」
 という名の落とし穴
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§み〕
みるく・ごっく~り
 ~左重心での社交ダンス
メニューページ(開始)
「左の手首」と
 「不思議な動き」
基礎が変わる と
 ホールドが変わる
「肘の内側」と
 「手首」の関係
前腕の捻れ
(肘と手首を逆回転)
(参考)前腕を
 捻らないホールド
足の裏の五角形
 (左重心で立つ)
足首が伸びない!
 曲がらない!
「マック式ドリル」
 への挑戦
メトロノーム型
スウィング(逆振り子)
レッグ・スウィング
 (足の振り子運動)
シャッセ(横への移動)
 における可逆性
「左重心」の不思議
 な動き(part2)
「左重心」と
 「みるく・ごっく~り」
「骨盤パワー」
 という名の落とし穴
メニューページに戻る
-
みるく・ごっく~り ~左重心での社交ダンス 作成日:2011/05/31、最終改訂日:2011/05/31

§み-19:レッグ・スウィング(足の振り子運動)


 今回は、「カラダの逆振り子運動」(メトロノーム型スウィング)の次は、足の振り子運動(レッグ・スウィング)についてです。

−−−準備中−−−−



左腕の前腕に逆回転をかけ、捻れを作る
左腕の薬指で、地面を押さえる感覚を、常に維持する。

・「カラダの逆振り子運動」と「足の振り子運動」は、同時に起こる
・「カラダの逆振り子運動」のため、「足の振り子運動の支点(股関節)は、移動している。
「マック式スプリントドリル」の応用により、左足の膝を持ち上げても、蹴り上げても、左足は上がらない。 前方に進んで行く。

・常に、右股関節は、後ろに引き込まれるので、右足の踵よりも後ろに、重心感覚を感じる。
・重心感覚は、「右足(後ろ足)の踵よりも後ろ」「左足(前足)の爪先」に、別れる。

−*−

こちらは、日本の「社交ダンス」における、足の振り子運動(レッグ・スウィング)












ダンスり
 写。


 





《 「」  》


 日



前のページ§み-18:メトロノーム型スウィング(逆振り子)
このページ§み-19:レッグ・スウィング(足の振り子運動)
次のページ§み-20:シャッセ(横への移動)における可逆性
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->