みらくる・らぼ

〔§み〕
みるく・ごっく~り
 ~左重心での社交ダンス
メニューページ(開始)
「左の手首」と
 「不思議な動き」
基礎が変わる と
 ホールドが変わる
「肘の内側」と
 「手首」の関係
前腕の捻れ
(肘と手首を逆回転)
(参考)前腕を
 捻らないホールド
足の裏の五角形
 (左重心で立つ)
足首が伸びない!
 曲がらない!
「マック式ドリル」
 への挑戦
メトロノーム型
スウィング(逆振り子)
レッグ・スウィング
 (足の振り子運動)
シャッセ(横への移動)
 における可逆性
「左重心」の不思議
 な動き(part2)
「左重心」と
 「みるく・ごっく~り」
「骨盤パワー」
 という名の落とし穴
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§み〕
みるく・ごっく~り
 ~左重心での社交ダンス
メニューページ(開始)
「左の手首」と
 「不思議な動き」
基礎が変わる と
 ホールドが変わる
「肘の内側」と
 「手首」の関係
前腕の捻れ
(肘と手首を逆回転)
(参考)前腕を
 捻らないホールド
足の裏の五角形
 (左重心で立つ)
足首が伸びない!
 曲がらない!
「マック式ドリル」
 への挑戦
メトロノーム型
スウィング(逆振り子)
レッグ・スウィング
 (足の振り子運動)
シャッセ(横への移動)
 における可逆性
「左重心」の不思議
 な動き(part2)
「左重心」と
 「みるく・ごっく~り」
「骨盤パワー」
 という名の落とし穴
メニューページに戻る
-
みるく・ごっく~り ~左重心での社交ダンス 作成日:2011/02/19、最終改訂日:2011/05/05

§み-10:「左の手首」と「不思議な動き」


 片方の腰に当て、もう片方の手で牛乳瓶をつかみ、牛乳を飲むときのポーズ。

 なにげないポーズなのですが、カラダ全体に「興味深い深い動き」が生まれます。
 当実験室では、愛嬌を込めて、このポーズを「みるく・ごっく〜り」と名付けることにします(笑)。



この「みるく・ごっく〜り」のポーズをやってみると、左右で、カラダの動き(背中の動き・股関節の動き)が違う事がわかります。

 「
腕を持ち上げて、手首の回転が生じる時」には、手首に連動して、背中や股関節が動きます。 その際の、背中や股関節の動きは左右対称になりません。


どちらの手で牛乳瓶を掴んで、腕を持ち上げた場合でも、

  ・左の背中(胸椎7番の付近)が前に出る。
  ・右の股関節が後ろに引き込まれる。
  ・骨盤(特に左の骨盤)が前傾する。

という動きが生じます。

当実験室では、(乳-02)、「つまり左腕を持ち上げて、左手で牛乳を飲むポーズ」から発生する、「人間のカラダの動き」について、取り上げていきます。

腕を下げた姿勢(乳-01)と、「みるく・ごっく〜り」ポジション(乳-02)を、繰り返していけば、いろいろな「カラダの動き」を作り出していくことが出来ます。

簡単だけど、気がつかない動き。「想定外」なカラダの動き。 
これぞ、みらくる!(miracle=奇跡・ 神わざ)
話を進めていきましょう!



《 日常生活における、「左の右手首」の回転 》


 日常生活では、どういうときに、左の手首に回転が掛かるのでしょうか?

 左利きの場合は、箸を持って、ご飯を口に運ぶ時の動きは、「みるく・ごっく〜り」と同じ、左手首の右回転が掛かります。

 洋食の時はどうでしょう。
右利きの人でも、フォークを左手で持ちます。
食べ物を口に運ぶのは「フォーク」。 左手を口元に運びます。
このときの動きも、左手首の右回転です。


前のページ§み == ( メニューページに戻る )
このページ§み-10:「左の手首」と「不思議な動き」
次のページ§み-11:基礎が変わる と ホールドが変わる
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->