みらくる・らぼ

〔§腕〕
「腕を固定する」
 ということの意味
メニューページ(開始)
ダンスのカラダは
 「作る」もの??
腕を固定して
 踊るメリット
「先入観」が
 すべてを変える
「腕」が自然に
 浮いてくる!(男性編)
「腕」が自然に
 浮いてくる!(女性編)
ヒール(踵)が
持ち上がるタイミング
「ロータリー・アク
 ション」を全面否定!
「ペンディラム・
 スウィング」はナンバ?
「テイクバック」
 という大嘘!
左肘は真横に
 伸ばして固定する?
「右腕」は、
 斜めに引こう!
「右手の手首」を
 固定する理由
まとめと考察
 ~2つの踊り方~
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§腕〕
「腕を固定する」
 ということの意味
メニューページ(開始)
ダンスのカラダは
 「作る」もの??
腕を固定して
 踊るメリット
「先入観」が
 すべてを変える
「腕」が自然に
 浮いてくる!(男性編)
「腕」が自然に
 浮いてくる!(女性編)
ヒール(踵)が
持ち上がるタイミング
「ロータリー・アク
 ション」を全面否定!
「ペンディラム・
 スウィング」はナンバ?
「テイクバック」
 という大嘘!
左肘は真横に
 伸ばして固定する?
「右腕」は、
 斜めに引こう!
「右手の手首」を
 固定する理由
まとめと考察
 ~2つの踊り方~
メニューページに戻る
-
「腕を固定する」ということの意味 作成日:2011/09/07、最終改訂日:2012/02/27

§腕-10:ダンスのカラダは「作る」もの??

社交ダンス(スタンダード種目)では、男女が向かい合って踊ります。


両腕を固定します。 肘の高さは、肩より少し低い位置になります。

では、
なぜ、社交ダンス(スタンダード種目)では、両腕を固定して踊るのでしょうか??
ダンスを知らない人、あるいはダンスを始めたばかりの人、この質問をぶつけてみたら、おそらく、下のような答えが返ってくるのでは無いでしょうか。

〔初心者の答え 1〕
男女が向かい合って踊るのだから、お互いが腕を固定して、お互いが引っ張り合い(抱き合った状態をキープ)していなければ、男女が離れてしまいます。

〔初心者の答え 2〕
社交ダンスは、男性がリードして、女性がフォローします。
ふたりが腕を固定して、女性の腕を動かさなければ、男性のリードが伝わらないからです。

〔初心者の答え 3〕
「そういう姿勢で踊りなさい」というルールが決まっているから、踊りにくくて仕方が無いけど、腕を固定して踊っているんです。

初心者らしい答えを、いろいろと考えてみるのも、面白いかもしれません。



さてさて、ダンスの熟練者による、「正しい答え」は、どうでしょうか??

−*−

ここで、社交ダンスの「カラダ作り」について書かれた本を、紹介します。


 ダンス上達のための身体作り講座
  /坂梨友春著(白夜書房)  16ページ

Vol.1腹直筋を使って 上体の動きに 広がりを持たせよう

 ダンスの姿勢はつくるもの

 ダンスはその自然で美しいシルエットかや楽しそうな笑顔から、何となくだれにでも簡単にできそうなイメージを与えます。

 ですが、実際に始めてみますと、ご存じのとおり「ネックが出ているよ」とか「ホールドをしっかり張って」「お腹を引っ込めて」等など身動きも息もできないほど注意されてしまいます。

 時々勘違いされてしまうことに、「ダンスをすれば姿勢がよくなる」ということをよくいわれます。

 しかし、実際には必死で型を作り、何とかキープして美しく見せているのです。決して土の中から自然に草が生えてくるようなものではありません。

 あるときは、引っ張れたり伸ばされたりという風に、鍛冶屋さんに打たれる徹板のようなもので、骨身を削って、とは大げさかもしれませんが、とにかく意識して、工夫しながら作り上げるのです。

そして、競技会や発表会等では美しく見せるために頑張ってキープし続けてる訳なのです。

 美しいポイズを作るためには、・・・・(以下 略)


( ゚Д゚) ポカーン

これが本当だとしたら、社交ダンスというのは、救いようのない「ゴミ以下のスポーツ」・・・ということになっちゃいます。 
社交ダンスのホールドが「作ったもの」であるならば、そんなものに意味があるとは思えません。

社交ダンスが、そんな「へたれ」なものならば、ラジカセで好きな音楽でもかけながら、便所掃除(便器を素手でごしごし洗う、ある種の自己啓発活動。これはこれですごく楽しいらしい)でもしてた方が、遙かにカラダのために良いですし、他人からも喜ばれます。


ここで、原点に戻って、「ダンスって、どういうものか?」を考えて見ましょう。

音楽がなり出したら、音楽に合わせて、自然にカラダが動く。
じっとしていたら、踊りたくて踊りたくて、カラダがウズウズしてくる
なにより、楽しい!

それが、本来の「ダンス dance」のあるべき姿だと思います。

当「みらくるダンス実験室」では、この「ダンスの姿勢はつくるもの」という考えた方を全面的に否定した上で、話を進めていきたいと思います。


《 「当たり前?」には要注意  》




前のページ§腕 == ( メニューページに戻る )
このページ§腕-10:ダンスのカラダは「作る」もの??
次のページ§腕-11:腕を固定して踊るメリット
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->