みらくる・らぼ

〔§腕〕
「腕を固定する」
 ということの意味
メニューページ(開始)
ダンスのカラダは
 「作る」もの??
腕を固定して
 踊るメリット
「先入観」が
 すべてを変える
「腕」が自然に
 浮いてくる!(男性編)
「腕」が自然に
 浮いてくる!(女性編)
ヒール(踵)が
持ち上がるタイミング
「ロータリー・アク
 ション」を全面否定!
「ペンディラム・
 スウィング」はナンバ?
「テイクバック」
 という大嘘!
左肘は真横に
 伸ばして固定する?
「右腕」は、
 斜めに引こう!
「右手の手首」を
 固定する理由
まとめと考察
 ~2つの踊り方~
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§腕〕
「腕を固定する」
 ということの意味
メニューページ(開始)
ダンスのカラダは
 「作る」もの??
腕を固定して
 踊るメリット
「先入観」が
 すべてを変える
「腕」が自然に
 浮いてくる!(男性編)
「腕」が自然に
 浮いてくる!(女性編)
ヒール(踵)が
持ち上がるタイミング
「ロータリー・アク
 ション」を全面否定!
「ペンディラム・
 スウィング」はナンバ?
「テイクバック」
 という大嘘!
左肘は真横に
 伸ばして固定する?
「右腕」は、
 斜めに引こう!
「右手の手首」を
 固定する理由
まとめと考察
 ~2つの踊り方~
メニューページに戻る
-
「腕を固定する」ということの意味 作成日:2011/09/07、最終改訂日:2012/02/27

§腕-11:両腕を固定して踊るメリット

社交ダンス(スタンダード種目)は、なぜ、両肘を持ち上げて踊るのか?
社交ダンス(スタンダード種目)は、なぜ、両腕を固定して踊るのか?



リード&フォローの問題や、男女が離れずに踊るため・・・なども理由もあると思います。

だけど、もっともっと「根底」の部分に、その理由があるとしたら、どうでしょうか?

両肘を持ち上げて、両腕を固定した方が....

 ・足を大きく開くことができるので、大きく踊ることが出来、
 ・体重移動がスムーズになるので、足への負担が大幅に軽減し、
 ・リラックスして踊ることが出来、
 ・音楽に乗って楽しく踊ることが出来、
 ・相手のボディを利用して、自分が動くことが出来、
 ・バランス感覚に優れ、
 ・カラダの「捻れ」が止まり、姿勢が崩れにくくなり、
 ・お腹が出なくなり、下を向くことも無くなり、
 ・踊れば踊るほど、カラダ全体のストレッチになり、
 ・自分のボディが「羽毛布団」のように、軽くなる。

 ・そして、なにより、「相手に対して、優しく接することができる!」

・・・・としたら、どうでしょうか?

「両肘を持ち上げて、両腕を固定する」ことによるデメリットよりも、享受されるメリットの方が、圧倒的に大きいならば、ほとんどの人は「両肘を持ち上げて、両腕を固定する」方法を選択するはずです。

もっとも、これがすべて該当するかどうかは、疑問ですが。。。。
(もしかしたら、全部、「該当しない」項目かも・・・・)

−*−

さて、ここで、面白い実験をしてみましょう。


これは、ルンバ(ラテン種目)の定番「オープンヒップツイスト」の女性の右回転(に似たような踊り)です。
(試-11)から(試-12)への右90度回転です。
あえて、ラテン種目の基礎を捨て去って、「左手のフリーアームの動き」と、「左右の股関節を後ろに引いて回転する」意識だけで動いてみます。
(左の骨盤を、勢い付けて、前に突きだしながら、惰力で回転するのはNG)

これと同じことを、腕に、買い物かごを「ぶら下げて」やってみましょう。

頭の中でのイメージ(直感的な、脳内ダンス)では、(試-15)(試-16)のどちらがスムーズに回転できそうに「感じる」でしょうか? おそらく(試-15)の方が回転しやすいような感覚になるはです。

でも実際は、逆です。
ほとんど動かない「右腕」に買い物かごをぶら下げると、回転出来ない。
フリーアームの動きを止めるように、「左腕」に買い物かごをぶら下げると、安定した回転が出来ます。
買い物かごに衝撃を与えずに、「買い物かごを、優しく動かす」だけで、カラダ全体が安定したスムーズな回転を行うことができます。
左腕のフリーアームを上手に使ったとき以上の、効果があるはずです。

普段、上手に回転出来ない人でも、左腕に買い物かごをぶら下げるだけで、スムーズが出来るようになります。 まったく不思議な話ですが・・・・・・。

これが、出来たら、逆回転(左足を軸とした左90度回転)も試して見て下さい。
こちらは、スリースリーズの女性の180度回転の応用になります。
左回転も右回転も、「左腕に買い物かご」の時には、カラダが安定します。


表にまとめると、こんな感じになります。

   左手のフリーアーム
を活用した踊り
 右腕に買い物かご
(フリーアーム有効)
 左腕に買い物かご
(フリーアーム無効)
 右90度回転
(右足が軸足)
フリーアームを
上手に使うと、
綺麗に回転できる
 極めて不安定
な回転
(軸がぶれる)
静かで安定した
余裕のある回転
が出来る 
 左90度回転
(左足が軸足)
 フリーアームを
上手に使うと
綺麗に回転できる
 ほとんど、
回転不可能
(まわれない)
静かで安定、余裕
があり、ぶれの無い
回転ができる

この実験は、「人間のカラダは、左と右で、大きく動きが異なる」という特徴を、上手に利用した実験です。

なぜ、「左腕に買い物かごをぶら下げると、安定した踊りになるのか?」は、ここでは説明しませんが、実際にやってみると、安定した踊りになります。

「人間のカラダの左と右の違い」と、「腕を固定した動き」を、連携させると、「いままで気がつかなかったカラダの動き」が、いろんなところに生まれてきます。

《 「食品スーパー」のレジは、左側? 右側?  》




前のページ§腕-10:ダンスのカラダは「作る」もの??
このページ§腕-11:腕を固定して踊るメリット
次のページ§腕-12:「先入観」がすべてを変える
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
background="../../png-body/back10.png"
"; -->