みらくる・らぼ

〔§傾〕
「前傾の限界」と
 「開脚の限界 」
メニューページ(開始)
「前傾の限界」と
 「開脚の限界」
「前傾」しても
 いいですか?
とにかく「前傾」
 やってみる!
「前傾姿勢」と
「ぶらんこ」イメージ
ナンバスタイルと
 ~CoBoMoスタイル
前傾からの前進
 ~ナンバ・スタイル
前傾からの前進
 ~CoBoMoスタイル
「後傾姿勢」での
ナンバ と CoBoMo
「ナンバ・スタイル」
 での究極奥義!
「CoBoMoスタイル」
 での究極奥義!
「CoBoMoPoに前進」
 とは?
「ナンバ」から
 「CoBoMo」への移行
フェザーステップでの
 ナンバとCoBoMo
左足首を曲げて外旋
 伸ばして内旋!
テスト1
テスト2
まとめと考察
~CoBoMoとCoBoMoPo
メニューページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§傾〕
「前傾の限界」と
 「開脚の限界 」
メニューページ(開始)
「前傾の限界」と
 「開脚の限界」
「前傾」しても
 いいですか?
とにかく「前傾」
 やってみる!
「前傾姿勢」と
「ぶらんこ」イメージ
ナンバスタイルと
 ~CoBoMoスタイル
前傾からの前進
 ~ナンバ・スタイル
前傾からの前進
 ~CoBoMoスタイル
「後傾姿勢」での
ナンバ と CoBoMo
「ナンバ・スタイル」
 での究極奥義!
「CoBoMoスタイル」
 での究極奥義!
「CoBoMoPoに前進」
 とは?
「ナンバ」から
 「CoBoMo」への移行
フェザーステップでの
 ナンバとCoBoMo
左足首を曲げて外旋
 伸ばして内旋!
テスト1
テスト2
まとめと考察
~CoBoMoとCoBoMoPo
メニューページに戻る
-
作成日:2011/12/09、最終改訂日:2013/01/12

§傾-12:とにかく「前傾」やってみる!


●「カラダが前に進む」ときの、様々な動き

人間が、静止した姿勢(重心バランスが取れている状態)から、「カラダを動かし始める」には、どうしたらよいか? カラダを前に進める(前進させる)には、どうしたらよいか?

いろんな方法が考えられますが、一つの例として、下のような
  「意識的に、重力バランスを崩して、頭を前に倒してやれば、自然と足が出る」
というのがあります。

で、このセクション(「前傾の限界」と「開脚の限界」)の実験の主目的は、
「カラダを前に出す」際に、この動き(外力を使った前進)の要因を取り除いて、
それ以外の要因のよるカラダの動きを検証することにあります。


社交ダンス(スタンダード種目)においても、「カラダを前進させる方法」は、たくさんあります。

・上記のように、アタマを前方に倒すことによって、意識的にバランスを崩して、前進する方法。
   (一部で「メトロノーム・スウィング」などと呼ばれているものも含まれる??)

・「位置エネルギーを運動エネルギーに変えるのが、ライズ~ロアなのだ!」とばかりに、カラダ全体に「惰力」によって付けて、カラダを前に進める方法。

・「サポーティングフットのことを、英語で送り足というのだ!」とばかりに、「後ろ足(軸足・支え足)で地面を蹴っ飛ばしたり、地面を押さえつけたりして、カラダを前方に押し出す(送り出す)方法。

などなど、カラダを前方に進める(前進)させる、いろいろあると思います。
いろんな方法があるからこそ、誰もが、社交ダンスを踊る(楽しむ)ことができるのだろうと思います。


●「カラダを前に進める」ことを忘れて、「足だけを前に出す」という発想・・・それが前傾!


じゃぁ、社交ダンス(スタンダード種目)における「回転動作を伴う前進」の際には、純粋に、カラダのどの部位を使ってどのように前進しているのか???

これを確かめてるための面白い方法として、
  「最大の前傾姿勢から、足を出す
というのが、有効になりそうです。

頭の位置を動かさず、上半身もほとんど動かさない、重心位置も変化させない!
そんな条件下で、片方を足を出したとき、どこの筋肉がどう動くか??

知っておいて、損はないはずです。 


早速やってみましょう


まずは、
  「爪先立ち」から、「最大の前傾」をやろうとすると、どうなるか?
という実験。

当然のごとく、というか、予想どおりというか、前傾は、全くと言っていいほど出来ない。

「爪先立ち」というか、「爪先に体重を移しながら前進する」動きをすれば、カラダは前進します。
このとき、「カラダを倒して、地面を蹴っ飛ばして、カラダを前に進める」ことは出来るけど、「前進の途中で立ち止まる」ことは出来ません。

足の裏の体重が、後ろから前へ、踵から爪先に移っていったら、その後は、カラダの惰力で進むだけ。 止まることは出来ません。



次は、「踵を地面に貼り付けた姿勢」で、「最大の前傾姿勢」に挑戦してみましょう。

これをやろうとすると、
  「なにがなんでも、絶対に、地面から踵を離さないぞ!」
・・・という意識が働きます。
でも、それと裏腹に、カラダは
  「爪先側に移りたい!!踵の上には居たくない!」
という感覚になります。

そんなときはどうするか?
左腕の肘を後ろに向けたまま、左の手首を左に回転させます。
水道の蛇口でも、ねじ回しでもなんでもいい、肘を固定して、左手で「締める」動きをやります。

そうすると、両足の踵が、地面に張り付きます。
前傾できる角度が大きくなり、アタマを前に倒しても、立っていられるようになります。

そのまま、最大の前傾姿勢で、両腕を持ち上げ、「社交ダンスのホールド」を作ります。



「前傾なんてこれで十分!」と思いたくなりますが、話は、これで終わらない・・・・
ここからが面白いところです。

「最大の前傾姿勢」で「社交ダンスのホールド」を作ります。
そして、右手の掌(てのひら)を上に向けます。

さらに、ペットボトル2本(合計4kg)を入れた「買い物かご」を、右手の掌(てのひら)に引っかけます。 (左手はダメです。必ず右手の掌に引っかけます)

上手なバランスというか、上手な筋肉の配分をすれば、4kgの重さを、右手の掌(てのひら)の上に掛けても、そのまま立っていられると思います。

でも、右肩・右肩甲骨・右腰を結ぶ筋肉が、うまく機能していれば、これが出来てしまいます。

本来なら、4kgの買い物かごを片手に持って、腕を伸ばしただけでも、肩を痛めかねません。
そもそも腕を伸ばした姿勢で、4kgの重さのものを持ち続けるのは、難しいと思います。

ついでに言うと、右手の掌では買い物かごを持てるのですが、右手の前腕(二の腕)に買い物かごをぶらさげると、ぶっ倒れるか、肩を痛めるか、どちらかになります。
人間の動きは、「アタマで考えたときの人間の想像」とは、まったく違った動きをします。


●前傾姿勢から足を出しても、「カラダが全く捻れない」

この実験をやると、面白いことに気づきます。

「最大の前傾姿勢」から、片方の足を出すと、足はどこに着地するでしょうか?

 → 支えている足(軸足・支え足)の真っ正面に着地するはずです。

「最大の前傾姿勢」から、軸足の真っ正面に足を出すと、カラダに捻れは生じるでしょうか?

 → まったく、カラダに捻れは生じません。

これがどういうことかというと・・・
  「最大の前傾姿勢から、軸足の真っ正面に足を出す」
ということは、
  「1本のレールの上を、2本の足で、カラダを捻らずに歩く」
のと同じであることを意味します


日本の社交ダンスでは、半ば常識になっている
 ・CBMP(軸足の真上に足を出す)のときは、カラダが思いっきり捻りなさい
とか
 ・CBM(ボディアクションの一種)のときは、思いっきりカラダを捻りながら前進後退しなさい
とか
そんなものが、すべて「真っ赤な嘘」じゃないか? という疑問が湧いてきます。


疑問を持ったら、実験するべし!!!
実験を通じて、余計な要因は取り除くべし!!!

実験を続けましょう。


《 たかが「前傾」、されど「前傾」 》


「最大の前傾姿勢」から、足を軸足の正面に出しても、カラダは捻らない。

ならば、これの逆は、どうなのか。

「真っ直ぐ垂直に立った姿勢」から、足を軸足の正面に出したら・・・

カラダは思いっきり、捻れます!

足を軸足の正面に出す時に、カラダを捻りたければ、垂直な姿勢から足を出せばよいし、カラダを捻りたくなければ、前傾姿勢(もしくは、それと同等な筋肉の使い方)をして、足を正面に出せばいい

・・・・そういうことになります。

hi


前のページ§傾-11:「前傾」しても いいですか?
このページ§傾-12:とにかく「前傾」やってみる!
次のページ§傾-13:「前傾姿勢」と「ぶらんこ」イメージ
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
"; -->